ベジ麻婆豆腐

5月の「発酵ベジ餃子WS」のときにのランチに一緒にお出しした、ベジ麻婆豆腐のレシピのリクエストがあったのでシェアします。

「玄米どぶろくWS」の時の玄米酒粕発酵ラー油と「玄米甘酒WS」の時の甘酒コチュジャンを使って簡単に旨味たっぷり。

発酵ラー油や甘酒コチュジャンがなくても作れます。

材料

  • 発酵ラー油 大2(またはごま油とニンニク2片、生姜2片)
  • 長ネギ 1本 (または玉ねぎ)
  • えのき 1パック(またはお好みのきのこ)
  • 玄米酒粕 100g (またはテンペや筍、レンコンなど)
  • 玄米甘酒コチュジャン 大2と1/2(または唐辛子の微塵切り、味噌大1みりん大1)
  • 豆腐 1丁
  • 昆布しいたけ出汁 または水 500ml
  • 醤油 大2
  • サイリウムハスク 小2 (または葛粉大2と水大3)
  • 韮 5本
  • 白胡椒 少々(なくてもOK)

作り方

  1. 長ネギとえのきはみじん切りにしておく。豆腐は角切り。
  2. フライパンでラー油と長ネギのみじん切りを炒める。
  3. 玄米酒粕とエノキ、コチュジャンを加えて炒め合わせて。
  4. だし汁と醤油を加えて一煮立ちさせる。
  5. 豆腐を加えて弱火で10分コトコト煮る。
  6. サイリウムハスクまたは片栗粉を水で溶いてから加えてとろみをつける。
  7. 火を止めて韮、白胡椒を加えて完成。

TIP:なめこや長芋の微塵切り、もずくなどを使うとサイリウムハスク 等を使わなくても良いです。

アーモンド30gを粗みじん切りにしてプラスするとコクが出て美味しいです。出汁をとった干し椎茸もあれば微塵切りにして加えましょう。

市販の豆腐を使う時は、最初に豆腐を角切りにしてボールに入れて、塩2つまみ(分量外)と熱湯を入れて2分おく。
ザルに揚げて水気を切ってから煮込むと煮崩れにくくなりぷりっとした豆腐になります。

えのきなどのきのこは天日に干してから使うと旨味とアップと食感がよくなりおすすめ。

手作り豆腐WS

日本を代表する伝統食品である豆腐を大豆から作ってみよう!

海外ではヴィーガンなど菜食主義の人たちが多いこともあって、乳製品やお肉等の代用食材として”TOFU”が定着しています。

200年以上も前の江戸時代には『豆腐百珍』というベストセラー本が出るほど、日本の食文化には欠かせない豆腐。

「vegantチーズWS」でも一つの方法としてご紹介しているマクロビオティックの豆腐チーズも実はこの「豆腐百珍」の中に豆腐の味噌漬けとして掲載されているのですね。

大豆からの基本の豆腐の作り方と黒豆から作る豆腐、ひよこ豆から作る豆腐など変わり種豆腐も。

まずは出来立てを自家製醤油で試食。

豆腐が主役のおかずレシピも学べます。

  • 本当に卵っぽい!vegan豆腐オムレツ
  • マクロビオティック基本の豆腐のステーキ野菜あんかけ
  • 豆腐臭くない!豆腐クリーム
  • 豆腐の作りの副産物おからを使った自分用おやつギルトフリーケーキ

など。

開催企画中

前の記事

天然酵母veganピザ

次の記事

野草は天給自足